これまでの記録 | 2019年09月

2019年 928日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
「内部知覚について」より 
西田幾多郎全集(旧版)「内部知覚について」より、「四」の3段落(108ページ)「而して真に有といふべきものは、自己自身に同一なるものの外にない」から段落の最後まで。さらに「五」の「アリストートルもSubstance is the starting point of all production as of syllogism(Metaphysics. Bk. VII. Chapt. 9.)と云って居る。」(109ページ)まで読み進んだ。(第215回)
読書会だより
悪の起源はどこにあるか
プロトコル(pdf 69 KB)

2019年 926日 (木)

時間
18:30〜20:00
内容
ニーチェの部 
岡村先生によるニーチェの読書会。テクストは『曙光 道徳的偏見についての考察』(第94回)

2019年 919日 (木)

時間
18:30〜20:00
内容
ニーチェの部 
岡村先生によるニーチェの読書会。テクストは『曙光 道徳的偏見についての考察』(第93回)

2019年 914日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
「内部知覚について」より 
西田幾多郎全集(旧版)「内部知覚について」より、「四」の3段落(106ページ)「カント哲学の立場からしては」から108ページの「働くものの自覚がなければならぬ」までを読了。(第214回)
読書会だより
悪は存在するか
プロトコル(pdf 65 KB)

2019年 912日 (木)

時間
18:30〜20:00
内容
ニーチェの部 
岡村先生によるニーチェの読書会。テクストは『曙光 道徳的偏見についての考察』(第92回)

2019年 97日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
「内部知覚について」より 
西田幾多郎全集(旧版)「内部知覚について」より、「四」の3段落冒頭「認識主観とは如何なるものであるか」から同中ほどの「何処までも客観とならざる認識主観の意義があるのである」までを読了。(第213回)
読書会だより
真にあるものは個物か、普遍か
プロトコル(pdf 46 KB)

2019年 95日 (木)

時間
18:30〜20:00
内容
ニーチェの部 
岡村先生によるニーチェの読書会。テクストは『曙光 道徳的偏見についての考察』(第91回)