これまでの記録 | 2022年01月

2022年 122日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
西田幾多郎を読む 
岩波書店『西田幾多郎全集』(旧版)第四巻「場所」の「三」第2段落、238ページの3行目「永遠の無あるのにである」までを読了。(第293回)

2022年 115日 (土)

時間
13:45〜15:45
内容
文学を読む 
村上林造教授の文学対話。村上春樹「ニューヨーク炭鉱の悲劇」第2回を開催。そこに描かれた生と死の境界を各自2月5日までに作文して提出する。(第7回)

2022年 18日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
西田幾多郎を読む 
岩波書店『西田幾多郎全集』(旧版)第四巻「場所」の「三」第1段落の終わり「之に於いてあるものは唯叡智的存在であり、当為はその影となるのである。」(236ページ)までを読了。(第292回)