これまでの記録

2015年 418日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
『善の研究』第二編 第9章「精神」第6段落の註記から

第二編、第9章「精神」の第6段落の註記(字下げ部分)から最終段落を読む。(通算第71回)

プロトコル(pdf 119 KB)

2015年 411日 (土)

時間
14:30〜15:45
内容
『善の研究』第二編 第9章「精神」第6段落
プロトコル(pdf 128 KB)

2015年 44日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
『善の研究』第二編 第9章「精神」第5段落

「純粋経験」は「アリノママの自分」あるいは「真の自己」と言えるか、取り分け「至誠」ないし「無心の境地」は「真の自己」と言えるか、例えば「無我夢中で人を殺してしまった」、これは「真の自己」ということになるのか。これに関して『倫理学草案第二』、『善の研究』を対比した。
第5段落「自己は何処より来るか」の「自己を対象として見ることはできない」について、科学的に自己に接近することはできるとの指摘あり。それに対し『倫理学草案第二』における「見者の地位」と「作者の地位」の区別が紹介された。(通算第70回)
 
【特別論考】
佐野之人「『気づこう いのちの尊厳』とは」
第40回公益財団法人教誨師連盟主催
広島矯正管区教誨師研修会山口大会(2012年6月22日)の
総合テーマ「気づこう いのちの尊厳」に寄せた原稿に加筆。

原稿(pdf 358kB)

2015年 314日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
卒論発表会 山口大学の卒業生による論文発表

インターネット上の「炎上」現象に関する小野さんの発表、ヘーゲルの1818年ベルリン大学就任告示に関する河合さんの発表、レヴィナスの『全体性と無限』に関する井上さんの発表があり、質疑応答がなされた。(通算第69回、卒業生による発表は2回目)
 
 [発表のテーマ]
 小野 インターネット炎上に関するルール作りについて
 河合 ヘーゲルにおける哲学の決意
 井上 レヴィナスの『全体性と無限』に関する考察
 

プロトコル(pdf 114 KB)

2015年 37日 (土)

時間
13:30〜15:45
内容
『善の研究』第二編 第9章「精神」第4段落註記より

第二編、第9章「精神」の第4段落、註記の後段から第5段落の途中までを読む。ここに記された「隠れたる本質」とは精神であり、統一作用のことであることを確認。統一作用の「内展(involution)」「外展(evolution)」=進化が、ヘーゲルの『大論理学』に由来している可能性が指摘された。(通算第68回)

プロトコル(pdf 109 KB)