新型コロナウイルス対応の遠隔読書会の進め方

新型コロナウイルスの拡散が心配される期間、上図に示すように遠隔で読書会を続けていきたいと思います。4月11日からスタートします。

上図をクリックすると大きな画像が開きます

  • ●1週目にテキストの指定された箇所を自宅で読んでもらいます。
  • ●1週目の週末土曜日にホームページにてプロトコルの形で佐野の解釈案を開示/テキスト読解のための「哲学的問い」を示します。
  • ●2週目に電子メールその他を使って「哲学的問い」に対する回答やテキストについての質問を受ける。
  • ●2週目の週末土曜日に本ブログ「読書会だより」にていただいたメールについての感想・考察などを公開します。また、その最後に次のテキストの読む箇所をお示しします。
このような手順で進めていきたいと思います。ご協力をお願いいたします。
4月11日からの回の読書箇所
岩波書店『西田幾多郎全集』(旧版)の131頁6行目から133頁8行目までを読んでいきます。
Tweet about this on TwitterShare on Facebook
読書会だより

「真の○○」の「真」とは何か

第31回読書会だより
本日の哲学的問は「「真の」という表現はよく見かけるが、この「真」とは何か」です。
佐野
それでは早速始めましょう。

A

宮沢賢治の「本当の、本当の」というのと同じだと思います。
佐野
それでは何も分かりませんよ。西田の文脈ではどうなるでしょうか。

B

テキストに「真の認識主観」とありますね。対象化しない仕方で認識するということですね。物自体と対象化された物の違いというか。
佐野
どういうことですか。

B

物自体は見ることができない。真の「物」です。「純粋」というのもそうです。表現不可能です。主観のフィルターを通していない。座禅で見えてくる真の自分のようなものです。絶対とも言いますが、それは相対を超えた、比較を超えた絶対です。

C

私もそう思います。「真の」とは言葉にできないものです。西田の文脈では「現在」です。

D

そうですね。西田の文脈では「真の」とは主客を超えたもの、直観というようなものを想定していると思います。

E

普通の会話でも「真の」という言葉を使いますが、その場合、誰が見てもそうだ、という意味で使っていると思いますが、これが人によって違っている。これを超えた「真の」ってあるんだろうか。どうも軽々しく使われているような気がします。

D

変わらないもの、人によって違わないものってあります。ね。
佐野
ね、といわれても・・・

D

答えを出しちゃダメなんです。救われてもダメ。分からないというように答えを出してもダメ。それが「真の」です。

A

堀辰雄も最後は宗教から離れた。遠藤周作はキリスト教信者だったけれど葛藤し続けた。だぶだぶの服を着てみて自分に合わないことを悩み続けた、宗教が問いを与えるということもあるんです。

F

西田の場合「宗教」と言ってもキリスト教とかいうような一定の宗教ではないですね。
佐野
はい。だんだん面白くなってきましたが、今日はこの辺りにしておきましょう。ここで次回からのこの読書会の在り方を説明しておきます。新型コロナウィルスの影響で、この読書会も皆さんにお集まりいただき、この空間を共有する仕方での開催はしばらくお休みということにしたいと思います。ですが哲学を通じてのつながりは休止することなく続けたいと思います。この空間をオン・ラインでの空間に移します。
 今『働くものから見るものへ』所収の「内部知覚について」を読んでいます。今日は旧全集版で131頁6行目から132頁13行目まで読みましたね。この部分のプロトコル(議事録)は私の方で作成しておきます。アップは4月18日です。また最初のオン・ラインでの読書会で扱う範囲を、一部重なりますが131頁6行目から133頁8行目までとしますので、皆さんはその部分をお読みください。私もその間にその個所の解釈案をプロトコルと合わせて18日までにアップします。合わせてテキスト読解のための「哲学的問い」も掲載します。皆さんはその解釈案をお読みになり、まあ、ちょっとした感想を、「佐野、ここが分からんぞ」とか、好きなことを佐野までメールしていただければよいわけです。そうしていただくとありがたい。質問でもいいです。さらに「哲学的問い」をお考えになって、メールしていただければさらにありがたい。そうしたやり取りを編集して25日までにはこの「読書会だより」で皆さんに紹介したいと思います。それと同時に次回扱うテキストの箇所を提示します。皆さんはその個所をお読みになり、私は解釈案を作成します。5月2日までにはその解釈案と哲学的問いをアップします。これの繰り返しです。ご理解いただけましたか?それではテキストに入ります。
(第31回)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook
読書会だより

哲学とは何か

第30回読書会だより
本日の哲学的問は「哲学とは何か」です。
佐野
まず質問の意図を説明していただきましょう。

A

(出題者)
卑近な話ですが、先日友人と飲みに行ったときに、「哲学とは何か」尋ねられたんです。一人は自衛隊のOBでその人は「人生の指針」だと言っていました。もう一人はホテルの社長ですが、その方は哲学と心理学の違いについて、哲学はみんなに通じる、分かるもので、心理学は個人に適用されるものではないか、と言ってました。以前プロトコルを担当した時に私は「哲学は普遍的か」という問いを提出したのですが、その折フーコーやクーンの思想に基づいて普遍的ではないという意見がでました。ですが哲学はフィロソフィー、希哲学で、賢哲を希うという意味です。賢哲とは真善美のことだと思います。ですから私は普遍性を志向するものだと思います。哲学の項目を辞書で調べると、学問としての哲学の外に人生哲学のような意味もあります。
佐野
哲学は普遍的で学問的、つまり知の体系という意味で体系的だとお考えですか。

A

真善美は三つの輪で、一つはずすとバラバラになってしまうようなものです。
佐野
つまり体系的ということですね。では哲学は普遍的で、体系的かどうかで議論しましょうか。

A

いえ、もっと自由にいろんな意見がお伺いしたいです。
佐野
分かりました。それでは「哲学とは何か」自由にご意見をお願いします。

B

哲学は「よく生きる」一語に尽きます。プラトンのエロース(恋)にもあるように人間は真善美にあこがれます。ですが私は考えない方が楽だったと思います。哲学につかまったという感じです。ですから考えない方がよいと思います。

C

私にとって哲学は生きることそのものです。私は考えることが大好きです。でもそれは考えずにはいられないということで、本当に苦しい苦しい。哲学は学問ではなく、また人生に役に立つというものでもない、役に立つという発想で人間は生きていくことはできないと思います。

D

私は哲学ほど役に立つものはないと思います。ですが今すぐには役に立たない。即戦力を目指す教育の在り方は間違いです。即戦力では結局役に立たなくなります。哲学、文学、宗教学はその意味で役に立つものです。根本に「無知の知」というものがあるからです。「無知の知」、これを繰り返し鍛えたらどんな職につこうが、どれほど危機的になろうが、役に立ちます。哲学は役に立つということにもっとも直結した学問です。

E

私は考えることだと思います。そこにはプロセスがあります。それが大事だと思います。論理的に説明するのが学問です。禅では不立文字と言って何より説明を嫌います。しかし言葉にできないものを文章にして論理的に表現するところに私は関心があります。

F

私は身の回りに起こっていることに関心を持って考えることだと思います。哲学するとか哲学しましょうと言いますが、それは例えば花でもいいのですが、そういう日々の生活に引き戻して考えることです。

G

私はこれまでぼんやりと生きてきました。哲学など勉強したこともなく、感覚の世界にいました。ですが魂・心をだれかに説明してほしいとは思っていました。ここには外国に来ているような感覚で来ています。外国旅行です。その中で時々日本語が聞こえてくる。私は言葉が苦手です。感覚を言葉にする訓練をしてこなかった。ですが見えないものを言葉にするのは楽しいです。
佐野
今日はいつもとは違った雰囲気になりましたね。こういうのもいいですね。それではテキストに入りましょう。
(第30回)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook
読書会だより

自分とは何か?自分は存在するか

第29回読書会だより
本日の哲学的問は「自分とは何か?自分とは存在するものなのか」です。
佐野
まず質問の意図を説明していただきましょう。家庭で冷たくされたとか(笑い)。

A

(出題者)
西田のテキストには「自己」という言葉が何度も出てきます。しかし他者が出てきません。自分は対象化できないから、自分のことは分かりませんが、そうした部分を他者から見た自分が包んでいて、それを我として受け入れているのではないかと思いました。
佐野
自分とは存在するものなのか?についてはどうですか。

A

それも自分自身は対象化できませんから、本来は存在するとも言えないと思います。
佐野
そうすると、これも他者によって存在していると認められることで自分の存在がたしかめられる、ということでよろしいでしょうか。確かに人間は他者に存在を認められないと、自分の存在に不安を感じますね。さあ、皆さん。それでは哲学してください。

B

私はマルクスの「社会的諸関係の存在」という言葉が好きです。これは他者論ともいうべきもので、自分という者は関係の中の網の目の中の一つであって、殻があってその内にあるという面もあると思いますが、それはもう少し柔らかい殻で、他人と関わりつながるものだともいます。(沈黙が続く)
佐野
皆さん、その通り、といった感じですね。これに対する反論はありませんか。

C

ではあえて。唯識というのがありますね。その考えからすれば自分が知らなければ他人は存在しません。気がついたら意識が現われている。そこに全てがある、という考え方です。そうしてそれがある日突然なくなる。
佐野
その意識はどのように目覚めますか。他者によって呼び覚まされるということはないですか。例えば自分の意志で眼を覚ますということはないでしょう?

C

自然に起きているんです。他者によって目覚めさせられているというのは後付けです。意識はすべて後付けです。

D

自分の世界は自分で作っているんです。そのエゴを滅却すると自分も変わり他者も変わるんです。アーラヤ識も人間が作っているんです。そこから真我に帰るんです。

E

真我に帰るなんてことは何千年もかけて接近して行くものです。ちょっと坐ったからといって分かるもんじゃありません。

C

直線的な時間も、そうでない円環的な時間も全て後付けです。
佐野
その後付けだと言われる意識は〈意識された意識〉ですよね。

C

見られた自己を見る自己がいる。それをさらに見ている第三の自己がいる。それをいると言うと、そう言っている自分が出て来る。そうして無限後退します。その究極に究極的な自己がいる、と思いたい。
佐野
「思いたい」ですね。どこまでも〈意識された意識〉ですね。どこまでも自己には出会えない。そうした反省のあり方が破れるということが、今テキストで問題となっていると思います。それではテキストに入りましょう。
(第29回)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook
読書会だより

己自身を鏡となす——「内部知覚について」と「善の研究」の変化

第28回読書会だより
本日の哲学的問は「この世界は鏡のような場所に映ったものに過ぎない、という思いは西田の苦しみを救ったとも言える。『善の研究』にも「己自身を鏡となす」という記述がみられ、また、最終的に「超越」に至るその過程は『善の研究』に似ているとも思う。「場所」という言葉が初めて使われた『内部知覚について』と『善の研究』にはどのような変化がみられるのだろうか」です。今回の哲学的問は今回のプロトコル(A45枚に及ぶもので、プロトコルというより、「内部知覚について」に関する発表原稿です)に関するものです。是非そちらの方もご覧ください。なお、今回は発言内容にプロトコルの内容も加味して紹介します。
佐野
まず「この世界は鏡のような場所に映ったものに過ぎない、という思いは西田の苦しみを救ったとも言える」とありますが、どういうことですか。

A

(出題者)
「内部知覚について」を執筆していたのは1924年ですが、その直前の西田の私生活は壮絶を極めていました。しかも西田は小林敏明が正しく指摘するように、「なければならないの性格」即ち「強迫性格」的な気質を抱えています。因みに私も同じような気質を抱えており、西田の日記はまるで自分が書いたような気がするんです。こうした「強迫神経症的な気質と子供の死という耐え難い苦しみは、この時の西田を再び自己の奥底の果てのない暗闇に導いた」(プロトコル原稿より)のではないでしょうか。「しかし一転」(同)1923年の日記に「今日この日から世界に死し、我哲学のみに生きる。全てが捧げられた。全てが捧げられた。奥深い影響力を持った経験(原文英語およびドイツ語)」とあります。「すべてが捧げられる」時、すなわち哀しみの底に深く沈む時、西田は「奥深い影響力を持った経験」をします。それが「場所」の経験です。すべては鏡に映ったものに過ぎない、こうした無常観が逆に「場所」の実在感を強くし、それが西田を救うのです。1922年に執筆された「美と善」では「(現実の根柢に超越的意志の内容(真善美:佐野)が働いて居る。唯、作用が作用を生む超越的意志の内容として、)現実は何時でも不完全たるを免れない」(旧全集第3巻470頁)と書かれています。

B

プラトンの「洞窟の比喩」でも人間は洞窟の中に囚われていて、壁に映る影しか見ることができません。しかしそれだからこそ逆にイデアの実在性が強く意識されるというのと同じことだと思います。ですが西田はそれをあちら側にイデアとして立てるのではなく、それを「今・ここ」に見て、ここを天国にしようとしたのではないでしょうか。
佐野
次に「最終的に「超越」に至る過程は『善の研究』に似ている」とありますが、これはどういうことですか。

A

『善の研究』の執筆に至るまでも西田の苦悩がありました。当時は日記に「打座」と書き綴っていました。「内部知覚について」を書く前の西田は、日記に「禁煙」を頻繁に書き綴っています。『倫理学草案第二』で悪の問題に躓いたように、西田は同時期に書かれた『美と善』あたりで現実に躓いたのではないか。そこからの超越として場所が出てきたのではないか。
佐野
最後に「『内部知覚について』と『善の研究』にはどのような変化がみられるだろうか」とありますね。これは?

A

『善の研究』の根本経験では「気づかされる」というニュアンスが強いのですが、今回は自分の方から「見る」といったニュアンスが強いと思います。
佐野
超越者の側からの働きが希薄だと。確かにそうした感じは私も持っています(ただ「見る」といっても、こちらに主体を立てて対象を見るという見方はしていません)。『善の研究』で西田は、想起され反省された直接経験としての純粋経験から、宗教的覚悟を通じ、現在意識としての純粋経験へと超越しました。そうして成立するのが第一編の純粋経験です。それは現在への超越ですから、西谷の言うようにこちら側への超越です。その際「宗教的覚悟」には「大なる生命」としての超越者からの働きが認められますが、その後西田は直観の立場に立ってそこから反省や世界を論じようとします。その意味では確かに西田の哲学は主観主義とも言え、自我意識が強いものになっているとも言えます。彼は「自己」という言葉を多く用いる哲学者といえると思います。そうして(「汝」や「世界」の問題を通じ)最後の『宗教論』でようやく『善の研究』で暗に到達されていた超越者の働きが「逆対応」という思想とともに取り出されて来る、今のところそのように考えています(その場合、場所の成立がどのような意味を持つかが明らかにされなければなりません。Aさんの説はその点で一つの示唆を与えるものだと思います)。
(第28回)
Tweet about this on TwitterShare on Facebook

著者

  • 佐野之人 さの ゆきひと
  • 現在、山口大学教育学部で哲学、倫理学を担当しています。1956(昭和31)年に静岡県富士宮市で生まれ、富士山を見ながら高校まで過ごしました。
    京都大学文学部を卒業して文学研究科に進み、故辻村公一名誉教授のもとでヘーゲル、ハイデッガー、西田哲学などを学びました。東亜大学に2009(平成21)年3月まで勤務し、同年4月より現職です。

月別アーカイブ

カテゴリー

rss feed